洗顔で美肌ケア

みなさんは普段どんな風に洗顔をしているでしょうか?
お仕事や家事で疲れていてクレンジングだけで済ませてしまったり、
朝忙しくてきちんと泡立てずにゴシゴシこすり洗いしてしまったりしていませんか?

間違った洗顔は肌を傷つけて、美肌からどんどん遠のいてしまいます。
正しい洗顔で美肌を目指しましょう。

・正しい洗顔とは
正しい洗顔方法は、泡立てネットを使ってきめ細かく弾力のある泡を作り、
肌をこすらないようにやさしく洗顔します。

理想の泡は生クリームのようなしっかりした泡です。
泡がしっかりしていると肌と手の間でクッションの役割をして、
手でこすって刺激を与えてしまうのを防いでくれます。

そして、キメ細かい泡は毛穴の奥まで張り込み、
頑固な汚れもスッキリ洗い流してくれます。

肌に手が触れたり、強くこすってしまうのは、すべて肌の負担となります。
負担がかかるとシミの原因であるメラニンが生成されてしまうので、
なるべく肌に触れないように、泡で顔を洗うようにしましょう。

泡を洗い流す時も、流水で洗い流すイメージをして、
なるべく肌に触れないようにするのがポイントです。

・ダブル洗顔の必要性
クレンジングでメイクを落としたからといって、汚れが落ちたわけではありません。
クレンジングはメイクを浮かせることが目的とした洗剤のため、
ぬるま湯では完全に洗い流すことができません。

クレンジングだけで済ませてしまうと、
クレンジングが肌に残ったままになって肌を傷めてしまいます。

シートタイプのクレンジングが手軽で人気ですが、
ぬるま湯で洗い流さない分肌に刺激を与えていることになります。

クレンジングや浮かせたメイクをしっかりと落とすためには、
ダブル洗顔が必要なのです。

・洗顔が美肌を作る理由
どうして洗顔が美肌のポイントになるかというと、正しい洗顔をすることで、
肌のうるおいを保ちながらターンオーバーを促進することができるからです。

ターンオーバーとは、肌細胞が一定の周期で生まれ変わることです。
ターンオーバーは肌トラブルや年齢による細胞の衰えによって
簡単にサイクルが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れてしまうと古い角質やメラニンが肌表面にたまり、
くすみやシミ、シワの原因になります。
さらに、毛穴が古い角質にふさがれて、毛穴の黒ずみやニキビの原因にもなります。

肌トラブルや年齢肌の悩みはターンオーバーが関わっていることが多く、
毎日の洗顔でターンオーバーを促進することが美肌の決め手だと言われています。

ただし、これは正しい洗顔をした時にだけ得られる効果です。
古い角質を取り除きたいからと、
無理に肌をこすってしまうと正常な角質まで奪って乾燥肌の原因になります。

肌はとても繊細で敏感です。
正しい洗顔を毎日コツコツ続けることが、美肌への一番の近道です。

正しい洗顔をするためにはしっかりとした泡立ちでいて
肌にやさしい成分の洗顔石けんを使うことが大切です。

そこでおすすめしたい洗顔石けんが「どろあわわ」です。
リンク先のサイトではどろあわわの詳細情報を見ることができます。
どろあわわをもっと知りたい方はリンク先へどうぞ。

おすすめの洗顔石鹸はこちら

どろあわわとは、沖縄でとれるマリンシルトという泡と
国産の無農薬大豆からとれる豆乳を使用した洗顔石けんです。
とても泡立ちがいいので、正しい洗顔をするのにぴったりです。